ケニアのサプライチェーン

今月初め、私はケニアに旅行する機会がありました(Twitterで@coffeereviewをフォローしている場合は、それを既に知っています。)旅行の目的は、モンバサで開催されるアフリカファインコーヒー会議と博覧会に出席することでしたが、ナイロビ北部のコーヒー農園と加工施設を探索する数日。コーヒー生産国に旅行するときはいつでも、起源のコーヒーのビジネスに携わる人々の専門知識の深さに常に感銘を受けます。コーヒー消費国の人たちはコーヒーの生産プロセスについて無知であるとは言いませんが、複雑な多層システムを理解するために、詳細レベルが誤解または単純化されることがよくあります。



赤いロースターコーヒー

この「コーヒーサファリ」は、1500人のメンバーであるIria-ini Framers Cooperativeの小さな区画から、ナイロビ証券取引所で公開取引されているSasini Limitedが所有および管理している不動産まで、規模の異なるいくつかの農場を訪問しました。各施設は独自の湿式製粉所を維持しており、多くの場合、周辺の農場のコーヒーチェリーに加えて独自のコーヒーチェリーを処理しています。羊皮紙とナチュラルチェリーを乾燥させるためのテーブルを上げてこの日を支配しました。これは、この地域では品質が重視されるという強力な視覚的ステートメントです。規模に関係なく、これらの農場はコーヒーの栽培、収穫、加工とほぼ同じ方法で日々の業務を行っていますが、コーヒーの学生なら誰でも知っているように、生産プロセスは複雑です。哲学で自分自身を明らかにした。どのような品種を植えるべきか、コーヒーの房をどのように剪定すべきか、どのような肥料と根覆いをどのように施用すべきか、発酵はどのくらい続くべきか、それは濡れているか乾燥しているべきか、そして水の使用慣行についてはどうですか?すべてのアクションには反応があり、各アクションにはカップでユニークな結果をもたらす可能性があります。



ドン・フランシスコのコーヒー

旅行の最終日に、ウェットミルからドライミル、この場合はティカコーヒーミルに移行しました。ほとんどの中小規模の栽培者は、コーヒーをきれいにし、豆から羊皮紙を取り除き、サイズ、密度、色で分類するために必要な特殊な機械に必要な投資のため、農場レベルでの乾式製粉作業を引き受けません。ティカミルは、山のふもとの農家からコーヒーを運ぶ重要なリンクとして機能します。ケニアは、世界中のロースターにチェーンを下っています。





クルーセットフレンチプレス

最後の目的地、チェーン内の別のリンクは、ナイロビコーヒーエクスチェンジでした。現在、ケニアコーヒー生産者協会およびトレーダー協会によって管理されているこの取引所は、ケニアでコーヒーを取引する主要な手段です。毎週火曜日に、取引所はケニア各地から何百ものコーヒーをオークションにかけ、最低価格を設定しているため、栽培者は受け入れられる基本価格を保証されます。サンプルルームは、見るべき光景であり、生コーヒーの袋ごとに、識別名、ロット番号、グレードおよび利用可能な量がマークされています。オークションに参加した各ディーラーには、250グラムのコーヒーのサンプルが許可されます。彼らは、コーヒーを評価し、潜在的な顧客にサンプルを発送し、彼らが支払う意思のある上限価格を決定するために、約2週間提供されます。

港町モンバサに行くと、グループに加わって輸出業者ラシッド・モレディーナ・アンド・カンパニーの倉庫、グレーディング、カッピング施設を訪問しました。この第3世代のコーヒー輸出企業は、顧客のために大量のコーヒーを精製するために、取引所から購入したコーヒーを格付けするという追加のステップを踏んでいます。製粉業者、ディーラー、マーケティングエージェント、輸出業者、荷送人のこのウェブを通じて、コーヒーは生産者から焙煎業者に取引されます。サプライチェーンのこの部分はおそらく最も誤解されているかもしれませんが、このプロセスに関与する個人や組織がなければ、適切なコーヒーが適切な買い手を見つけることはないでしょう。

Deutsch Bulgarian Greek Danish Italian Catalan Korean Latvian Lithuanian Spanish Dutch Norwegian Polish Portuguese Romanian Ukrainian Serbian Slovak Slovenian Turkish French Hindi Croatian Czech Swedish Japanese